男性の中には、目に見えませんが下半身の悩みを抱えている人もいます。
あまり外で言わないだけで、生まれつき大きな悩みかもしれません。
このような場合には、まず専門家に相談するのも1つの方法です。
例えば真性包茎の場合には、仮性包茎等と異なり病気になる可能性も否定できません。
真性包茎になっているときには、クリニックで手術をしてもらう人が多いです。
なぜならそのままでは生活に支障をきたすからです。
では、真性包茎の手術をする場合、金額はどれぐらいになるでしょうか。
いくつか手術の種類がある中でそれぞれの金額を見ていきます。

メスを入れる場合はどのように考えるか

一般的な包茎手術と言えば、多くの人は余分な肌の部分を切り取ることをイメージします。
これは、メスを使って切り取るのが一般的です。
この方法は、確実に真性包茎の状態から脱することができるでしょう。
それ故昔からこの方法が一般的に利用されてきました。
このときの金額はどれぐらいになるかと言えば、大きく分けて2種類あることを理解しておきましょう。

1つ目は、カリの部分より下の部分でカットする方法です。
この方法はそれほど技術が必要ありません。
もちろん、メスを入れるため必要最低限の技術が必要になりますが難しい技術を必要としないため100,000円程度で行うことができます。
ただこの方法の欠点があるとすれば、傷跡が少し残ってしまうことです。
上手な先生ならば、傷跡を目立たないようにしますが総じて傷跡ができやすいと考えておくべきです。

これに対して、カリの部分の少し下の方をカットする方法が考えられます。
この方法は技術的に若干難しいですが傷跡が目立たないのが大きな魅力と言えるでしょう。
ただし、その分料金が高くなります。
安いところでも150,000円以上しますが、ある程度値段が張るクリニックの場合は200,000円位のお金が必要です。

糸で吊る下げる方法はどのように考えるか

真性包茎の場合皮が余分に余っていますが、この皮をむくことができる場面とできない場合の2種類が存在しています。
もしむくことができる場合には基本的に、糸で吊る下げる方法があります。
根本のところに糸で固定して、余った皮を下にずらせば良いわけです。
この方法の最大のメリットは、金額が非常に安いことです。
仮性包茎手術の中で最も安い部類の1つと言えるかもしれません。
ただ問題がありそれは見た目が悪いことです。
また、性行為やマスターベーションを行うと糸が外れてしまう可能性が高まります。

カットしない方法として、ヒアルロン酸を亀頭に注入する方法もあるでしょう。
この方法は、注射をするためメスを入れる場合と異なりそれほどお金はかかりません。
一般的には、50,000円前後で行うことができます。
非常に簡単ですが、問題は長期的に改善するわけじゃないことです。
つまり4ヶ月から半年ぐらい経過した頃には、元通りに戻ってしまう可能性も否定できません。

このように、あまりお金をかける場合は基本的に半永久的に良い状態を維持することができます。
ただその反面お金をかけないと、見た目が悪くなることだけでなく元通りに戻る可能性も速くなります。

保険を適用すれば安くなるのか

多くの日本人は、病院に通う場合には保険が適用されます。
健康保険に加入していることが前提となりますが、ほとんどの日本人は健康保険に加入しているため安くなる可能性があるでしょう。
ただ、包茎手術の場合はかならずしも安くなるとは限りません。
なぜなら、真性包茎の手術はもしかしたら怪我をした場合や風邪をひいた場合とは大きく異なるかもしれないからです。

保険が利用される基準は、病気の状態になっているかあるいはなりそうな場合に限られます。
風邪をひいた場合には病気の状態と言えるでしょう。
違うした場合は病気とは違うかもしれませんが、治療しなければならないため保険の利用が可能です。

この基準に真性包茎手術を当てはめてみると、真性包茎手術を上記の防止のために行うならば保険が適用されると考えて良いです。
一方で、真性包茎手術が見た目だけのために行うとすれば保険が適用されません。
現実的には、多くの場合保険を使うことが可能です。

1つ注意しておきたいのは、保険を利用した場合にはあまり高い部類の手術ができません。
例えば、メスを入れる場合で真性包茎あっても傷口が目立たないタイプの金額が高い手術をすることが難しくなります。

まとめ

真性包茎になっている場合は、手術をしたいところですがやはり金額が気になるところです。
一般的に真性包茎手術と言えば、メスを入れることになります。
メスを入れる場合は、20万円程度のお金がかかることも少なくありません。
しかし、傷跡が目立つタイプのものならばその半分位の上品で行うことができるでしょう。

また最近は、カットしない方法なども存在しています。
この方法を使えば、安く仕上げる事は可能ですが見た目が良くないことや元に戻るスピードが速くなるのが特徴です。
これらに保険が適用されるか問題になるものの、病気の治療として考えられる場合は保険が適用されます。